エスプガルーダIII ~逆襲のセセリ~

http://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=medium&illust_id=15956669


(見られない方はこちら
「ずっとこの時を待っていた……
3年、長かったぞ。
だが、長かった私の旅もこれで終わる。
あの戦いが終わってなかったこと、そして祖国シンラ復興のために。
ふっふっふ……アゲハ……タテハ……セセリお姉さまの仇……!
まずはお前たちからだ。
必ず死なす!


○イラスト説明
弾幕シューティングゲーム「エスプガルーダ2ブラックレーベル」よりセセリです。
こちらの記事でも紹介しましたが、なんだか終わり方がパッとしないし、続編が出そうな雰囲気だしで、勝手にセセリを悪堕ちさせてみました。
イラストのコンセプト及び元線画は上にあるpixivで既に去年の夏に公開してあるものです。
今回は、“なぜか”リメイクしたくなったので線画を修正して色をきちんと塗るまでしました。
イラストのコンセプトはエスプガルーダⅡBLで記憶を取り戻したセセリが、シンラ復興のために反旗を翻す、といったエスプガルーダⅢ(例によって3年後の世界)が出るならのifストーリーです。
そういったわけで、BLの服に憎悪に満ちたセセリの翼とソウル・ランスを持ってます。
エスプガルーダの時に12歳だったセセリは幼い体系だったのですが、色々あって3年後の続編のエスプガルーダ2では15歳だけどとても大人びた身体に改造されておりました。
エスプガルーダ2BLになってクローンセセリが登場し、元の15歳の体系であることになりましたが、更にその3年後、18歳になったセセリはエスプガルーダ2のセセリのような大人びた体系になっているのではないかと想像し、このような大人のセセリを描きました。
服はBLのセセリと同じものです。
2のセセリのドレスは確かに好きですが、やっぱり1とかBLの空軍服っぽいかっこいいセセリの方が好きなので。
シチュエーションとしては、前大戦(エスプガルーダ2BL)の終結直後に(クローン)セセリが本当の記憶を取り戻し、シンラ復興とアゲハ・タテハの抹殺を誓ったのは前述の通り。
表面上は家族とともに戦後穏やかな生活を送っていましたが、裏ではシンラ復興に向けて準備と工作を行って来たと。
もしかしたら、前々大戦(エスプガルーダ)の終盤で実戦投入されなかった自身のクローンを発掘していたのかも知れません。
また、ソーマ軍の技術者を見つけ出して、自身をセセリ姉の様に改造してくれと、頼んだのかも知れません。
セセリはガルーダではありませんが、シンラとソーマの技術を合わせたびっくりドッキリ技術で覚聖できるそうなので、更に憎悪に満ちたセセリレベルの改造を施すことで“覚聖することができる憎悪に満ちたセセリを越えるセセリ”という存在になったのでしょう。
逆に言えば、そこまでして己の身をシンラ復興に捧げ、確実にアゲハとタテハを葬りたかったのですね。
ですので、見た目は普通の人間ですが、このセセリの内部にはびっくりドッキリメカが仕込まれていると思います。
そして3年の月日が流れ、侵攻の準備が整ったので、改めて反旗を翻すといった感じです。
目標はシンラ復興、その過程でソーマ軍の残党狩りや新設政府の打倒、そして実の兄アゲハと実の姉タテハの抹殺でしょう。
しかしながら、シンラを復興しても愛すべき実父ジャコウは戻ってきません。
例えアゲハやタテハを倒すことができたとしても、その後に残る空虚に彼女は耐えきれるでしょうか。
エスプガルーダ3 ~逆襲のセセリ~ 期待です。


今回のイラストで気を付けた点は、ずばり線画と下着の塗りです。
線画に関しては複数の友人の絵師に線が汚いと突っ込まれたため、ベジェ曲線などの定規ツールを使って地道に描き込んで行きました。
下着、特に胴体の黒い部分ですが、まぁ、黒い下着ならぴっちりしている方が美味しいよね!という理論で色んなイラストを参考にしながら頑張って塗りました。
一番参考になったのは機人化ギンガでしたね。
流石鉄板の悪堕ちキャラです。
あとは……私は顔、特に瞳を描くのが苦手で、元のセセリの青い瞳では全然悪堕ち感が表現できなかったので、改造されているなら目が光っていても問題ないだろう、という理論で黄色にしました。
なんだかガンダム00のイノベイダーみたいですね。
目からレーザーとか、ギャグでしかないんですが、びっくりドッキリメカ搭載のセセリならそれもあり得るかな、と思います。
ちなみに、pixivにリンクを貼っているのは、今年の目標が「pixivで~点以上!」とかそういうモノであるためです。
まだブログに掲載できる大きさですし、深い意味はありません。
あと、セセリは本当は「~なのじゃ!」とお姫様口調でしゃべるキャラなのですが、完全に私の趣味で上のキャプションのセリフは「だである」口調にすることにしました。
こちらも深い意味は(ry


これまでずっとモノクロイラストを描いてきたので色を塗ったのは本当に久しぶりです。
ほぼ一年ぶりとか、そんな感じですね。
また、こういう風にキャプション付きで悪堕ちイラスト投稿したのどれくらい前だろうと思いまして調べてみるとなんと一昨年の黒修羅さんでした。
ちょっとどころか全然描いてなかったなぁ……
イラスト描いてなかったのは前にも言いましたが、イラスト描き以外にやることができたためです。
まぁでも、時間というよりはモチベーションに左右されているのは事実です。
まだこちらに復帰することはないと思いますが、たまにぽっとイラスト投下して行くかもしれませんのでよろしくお願いします。


2011/01/18追記:イラストを修正しました

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください