ゲームにおける悪堕ち紹介・第5回

今回は「parasite eve」に関する悪堕ちキャラ紹介です。

(今回はあまりネタバレ成分を含みませんが、ネタバレを許容できる方のみ先にお進みください)


タイトル:parasite eve(パラサイト・イヴ)

キャラクター名:EVE

メリッサ・ピアス       →    EVE・第二形態   →    EVE・最終形態
melissa.jpg    eve2.jpg   eve5.jpg

(画像はhttp://s241.photobucket.com/albums/ff51/elvaneyl/parasite%20eve/より転載)

parasite eveよりEVEです。
ゲームが始まって早々に悪堕ちするキャラです。
属性は「乗っ取り・異形化」ですね。

堕ち前の名前はメリッサ・ピアス。
オペラ歌手を夢見る女性で、“事件”当日は主役の座を射止めた劇の舞台に立っていました。
夢見た舞台に立つことで高まる感情……
その昂揚が最高潮に達したとき、彼女の体は“EVE”に乗っ取られたのです。
そして、オペラ座にいた人々をほぼ全て焼き尽くしてしまいました。

EVEとは知能を持ったミトコンドリアであり、長い時間を経て進化、表面化した存在です。
細胞活性化による人体発火、進化の方向性を弄ることでの生物の異常進化など、細胞を支配下に置く彼女の能力に人類はなす術もなかったのですが、唯一それに対抗できる存在、それが主人公のアヤ・ブレアだったのです。

物語が進むにつれてEVEの発現は半人為的なものであったこと、EVEが完全体と呼ばれる細胞核を持たない純ミトコンドリア生物を生み出そうとしていることが判明し、EVEとの最終決戦になります。
完全体の母として“子供”を守るために最終進化を遂げた姿、それが3枚目の画像です。

実は2枚目と3枚目の間にはあと2形態挟むのですが割愛しました。
個人的には悪堕ち時に1枚目→3枚目の様に変化して欲しかったな、と思っております。

さらに惜しむらくは、メリッサは堕ちる前にキャラクターが立ってないということです。
EVEとこの事件を追いかけている間に“メリッサ”というキャラクター像が確定していくので、初回プレイでは始めから悪役キャラという印象を受けてしまい、本来の悪堕ちが引き立たないのです。

ちなみに、3枚目を見ていただけると思いますが、ゲーム中でも彼女は裸です。
さらには、「解体真書」等で彼女のイラストを見ていただければ分かると思いますが、上記の画像は“修正後”です。
よくこのデザインでソフ倫を通ったものです。


paresite eve は小説版の続きのシナリオを展開している作品です。
小説版と同じく、バイオハザードのようなホラー色の強いゲームとなっていますので、そういったゲームに耐性のない方はご注意ください。
当時は原作「パラサイト・イヴ」がホラー小説大賞を受賞していたことや、FFⅦを出したSQUAREが、ハリウッドのクリエイターたちを動員して製作したゲームとあってかなり話題となりました。

アクションゲームにATBゲージを取り入れた異例の作品で、そのグラフィックの綺麗さ、ムービーの秀麗さに今でもコアなファンが多い作品です。
特に、上記に掲載したEVE1枚目→2枚目への変化はムービーで表現されているので悪堕ち作品としてはかなり良い部類に入ると思います。

従来のアクションRPGではなく、RPGとアクションが融合した異色のゲームであるため敷居が高いかもしれませんが、ゲーム性はほど良いかと思います。
一度プレイされてみてはいかがでしょうか?

ゲームにおける悪堕ち紹介・第5回」への2件のフィードバック

  1. アクノス所長

    このゲームのイラスト集はエロかった…
    表紙がどうみてもアヤとメリッサのレズシーンですしw
    (その影響?か、コミックでのアヤはレズの設定ですねw)
    それは置いといて、EVEになる前のメリッサさんは結構な苦労人という設定があったような記憶があります。
    難病を患って、その時に移植された臓器?にEVEが潜んでいたとかそんなだったような…
    さらに役者になった後も苦労が絶えず、精神安定剤を大量に服用してまで主役を取ったのにアレですからねぇ…
    逆に悪堕ち要素が強いのはMAYAちゃんじゃないでしょうかねw
    AYAちゃんの身代わりに死亡>EVEに身体を乗っ取られ、隠しボスとして登場というなんとも切ないお話で…
    未だに気になるのは、通常のEDってどうみてもBADにしか見えないのです。
    あの最後のシーンはどうみても…ねぇw
    だからなのか続編は隠しEDの方の続きみたいですね。
    2はスクエアの技術の粋を集めて作ったシャワーシーンが見所なのは言うまでもない。
    そして、このゲーム。
    実は3作目が出るそうですね。
    ミトコンドリアとかまったく関係ないお話だそうですが
    自分はまったく知りませんでした…

    返信
  2. アクノス所長

    >しー!!しー!!
    見なかったことに!!
    >あくまで、二周目がある、ということを明示したかったのではないでしょうか?
    ああ~、なるほど!!
    「メリッサと完全体を倒しても解決してないぞ!」って言うメッセージか!!
    もうひとつのEDのスタッフロールは、本編で使われていないCGなども載っていたのが印象的でしたね。(メリッサが自由の女神の松明の所で歌っている絵)
    >しかしシャワーシーンの後はヤツが……
    スクエアの悪意すら感じる
    >アヤ・ブレアが活躍するゲームらしいですよ。
    個人的には2で助けたの女の子のその後が気になる自分は
     <●>じろり
    ともかく、このシリーズは1、2ともに名作だと思いますので、どうしても3作目も期待してしまう。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください